ブランドプロデュース

HOME > 事業案内 > ブランドプロデュース

地域ブランドプロデュース  『和美茶美』 『おもてなし煎茶師』

和美茶美 - 日本一の茶師とつくったオリジナルブランド

『和美茶美』は、茶源郷・束町(わづか)のお茶畑が作りだすしい景観と、和束町のお茶が持つ葉本来の味しさを表現するために生まれました。お茶は、その茶葉の品質やお茶の淹れ方も重要ですが、お茶を淹れる人の心、つまり『おもてなしをする気持ち』が大切です。
『和美茶美』『おもてなしをする気持ち』を通じ、その日本のおもてなしの心を世界中の方々に伝える活動をしています。

ブランドビジョン ~日本文化のグローバル化~

このブランドは、日本遺産にも指定された和束町に広がる美しい茶畑の景観を守るために生まれました。お茶の消費量は年々落ちています。このままでは日本の原風景である「茶畑」が失われていってしまうのです。お茶が持つ、魅力や可能性を可能な限り引き出し、お茶と日本文化を世界中に認知していただき、世界の人が日本の文化を楽しむようになる社会の創造を目指しています。

ブランドコンセプト

お茶は日本人の生活や文化と共に発展してきました。ゆえに、このお茶は、人々の生活における「心の潤い」、「心身の癒し」をコンセプトにしています。お茶は、飲み物として喉をうるわすと同時に、それが飲まれた場所であったり、季節であったり、演出であったりと、様々なシーンで味が変わります。潤すのは、のどだけではなく、心も潤すものでなければならないと考えています。

「和の心」と「煎茶文化」の伝道師 『おもてなし煎茶師』

『おもてなし煎茶師』は、お茶で客人をもてなす「心」を伝える伝道師です。和束のお茶の特徴を理解し、かつ和束流のお茶のもてなしの流儀を身に着け、日本をはじめ世界中の人に日常の中にお茶を取り入れることで心豊かに暮らせるということを伝えます。

おもてなし煎茶師 セミナー

煎茶の種類や特徴を知ることで、温度やお茶の淹れ方によって、変わる味や楽しみ方を知るセミナーを開催し、受講生には「おもてなし煎茶師」の資格を取得できるセミナーを開催しています。レベルは初級「おもてなし煎茶師」、中級「おもてなし煎茶 伝道師」、上級「おもてなし煎茶 師範代」と3 種類あり、それぞれのレベルに応じた内容で、煎茶とお茶を通じたおもてなしの文化を深く知ることができます。

開催場所 :
和束町、コミュニティ団体、企業、学校、各種団体など
内  容 :
講義、お茶淹れ体験、茶畑・工場など見学など

あなたの会社や友人たち同士で「おもてなし煎茶師」セミナーを開催しませんか?

【セミナー概要】約2時間

●講師によるお茶の淹れ方、おもてなし煎茶の解説、和束町のお話 
●お茶淹れ体験(茶葉の種類や淹れ方によって味の変化を体験)
●茶葉を食す   ●修了証発行   ●おみやげ

※費用の目安は、10 名様で約5万円程度(お一人5千円程度)。費用には、修了証発行、お土産用茶葉なども含まれます。
※遠方の場合は別途交通費がかかる場合があります。
※人数の多少、場所、費用も含めまずはご相談ください。
※主催者のアイデアで、そのほかのアレンジもご相談に応じます。

場所は、お湯が沸かせてテーブルがあるところでしたらどこでも開催が可能です。
社員研修や、子どもおもてなし煎茶師、外国人の方と一緒になど、数名でも講師を派遣します。

フェイスブックページへ

和束茶をおいしく飲む方法 ~65℃のヒミツ~

和束流のお茶の美味しい淹れ方を説明したミニパンフレット「和束茶をおいしく飲む方法~65℃のヒミツ~」をダウンロードしていただけます。

ダウンロード

プロモーション事例

政府主催の国際会議にて

お茶セット

当日参加者全員に配られた
おみやげのお茶セット

WAW! 2015 オリジナルブレンド

「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウムWAW! 2015」という政府
主催のイベントで、安倍総理夫妻を始め世界と日本の女性リーダー
400名に対し、「和美茶美」をふるまいました。

もっと詳しく
フェイスブックページへ

和束茶 上嶋爽禄園

日本一の茶師が送る黄金茶

和束茶 上嶋爽禄園

数百年の伝統を今に受け継ぐ、和束茶。かつては皇族だけが楽しむことを許される【皇室献上品】として、サムライたちの時代から大切に守り育てられてきました。
京都を代表する景勝の地【和束】は、ミネラルを多く含む土壌と清らかな水に恵まれた煎茶作りの理想郷。そのなかでも指折りの歴史を持ち、最高の品質を誇るのが【上嶋爽緑園】です。
当主の【上嶋伯協】は伝統的な和束茶作りの最後にして最大の継承者といわれる、煎茶界の至宝。茶業者たちが技能と知識を競うコンテストにおいて史上ただひとり満点を獲得した、伝説の茶師です。そんな達人が7年の歳月をかけて育て上げる茶葉は、日本人でも入手困難な稀少品。旨み成分アミノ酸がたっぷり溶け出すことで、黄金色に透きとおった香り豊かなお茶になります。
「土の声を聞き、茶の木と会話する」と評される究極の栽培技術と皇室献上の歴史に磨かれた、極上の味わいをご堪能ください。

上嶋 伯協

江戸時代から続く茶園の跡取りとして京都府和束町に生まれ、40年の長きにわたって煎茶作り一筋にいそしむ「茶の哲人」。その卓越した技能だけではなく、温厚な人柄でも多方面から尊敬を集める。土地の歴史にも詳しく、和束と和束茶をこよなく愛している。